エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・イズム コンシェルジュ・インディヴィジュアルカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる、個性派カー情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タイプR復活
from kawaguchi@mana..
世界で一番美しいクルマ
from 金沢ちんさんの☆「ランラン日..
欧州仕様 HONDA シ..
from Lohas Life~ロハス..
次期CR-X登場!! か?
from kawaguchi@mana..
ユーロシビックその後
from Gachael's Plea..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

ダイハツ・ブーンX4 -リトル・ダイナマイト登場!! その1-

f0040885_23202054.jpg

ダイハツから送り出された「ブーンX4」は、同社のコンパクトカーである「ブーン」にラインナップされた新たなグレード。ブーンといえば、「プチ・トヨタ」でお馴染みパッソと兄弟車で、いわゆる生活の足といえる存在。だから本来ならブーン=カジュアルカーとなるわけだが、このX4というグレードだけはここインディヴィデュアルカーで取り上げるのが相応しいと思う。
■なぜならX4は、モータースポーツでの使用を前提としたモデルとされているからだ。
f0040885_23254028.jpg

■写真を見ると分かるように、ノーマル・モデルのブーンよりもイカツイ見た目となる。といっても基本的にこの姿は、ブーンに現在ラインナップされる「カスタム」というグレードと一緒。だが唯一違うのがボンネットの上に置かれる巨大なエアインテーク。この空気取り入れ口がキモなのだ。
f0040885_23274693.jpg

■ならならX4はブーンで唯一、ターボ・エンジンを搭載するモデルだからである。ターボはエンジンへ空気をより多く送り込むことでパワーを増幅させる装置。そう、X4はターボ・エンジンを搭載することで、通常モデルよりも高い動力性能が与えられている。
■が、しかし! 排気量はなんと、わずか936ccしかない。つまり1リッター以下の排気量だ。ただここにターボが組み合わせられるため、最高出力は133ps/7200rpm、最大トルクは13.5kgm/3600rpmと1.6Lの自然吸気エンジンに匹敵する実力が与えられている。

■ちなみにこのエンジンの中途半端な排気量は、国内ラリーやダートトライアルといった競技におけるレギュレーションを考えてのもの。というのもターボエンジン搭載車は、競技出場時に排気量に対してある一定の係数(1.7)がかけられ、実際の排気量よりも上のクラスとなることが多い。そこで実際936ccに1.7をかけてみると、1592ccに換算される。つまりX4の936ccという排気量は係数1.7をかけられた時に1.6L以下のクラスに参戦可能とするためのものだったのだ。

f0040885_23374153.jpg

■またX4は新開発された5速MTを搭載する。これも競技を考えた仕様で、まずギア比がクロスレシオとされている。これは1から5速までの各ギアの変速比の差が少ないもので、加速性能を重視したセッティング。これを採用することで加速重視となるため最高速や燃費、静粛性は必然的に落ちることになる。が、競技ではやはりクロスレシオは有効。それを考慮して、X4は専用のクロスレシオのギアを採用するのだ。

■さらにX4は名前から想像が付くように、4WDを採用している。ターボパワーを4輪で路面に伝える…というハイパフォーマンス・モデルなのである。ちなみに車重は980kgと軽量。だからその走りは非常にピリリと辛口なのだ。

f0040885_23504882.jpg

■外装は至って簡素で、先に記したボンネット上のエアインテーク以外は他のモデルと変わらない。サイド面で強いていえば、リアドアの下の方に以下のロゴが与えられるのみだ。
f0040885_2353832.jpg


■では、実際に走らせてみてどうだったのか? 続きは「その2」で記したいと思います。
[PR]
by ism-individualcar | 2006-04-20 23:54 | ダイハツ
<< ダイハツ・ブーンX4 -リトル... シビック欧州仕様の記事は…余談... >>