エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・イズム コンシェルジュ・インディヴィジュアルカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる、個性派カー情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タイプR復活
from kawaguchi@mana..
世界で一番美しいクルマ
from 金沢ちんさんの☆「ランラン日..
欧州仕様 HONDA シ..
from Lohas Life~ロハス..
次期CR-X登場!! か?
from kawaguchi@mana..
ユーロシビックその後
from Gachael's Plea..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

フェアレディZ 一部改良&バージョンNISMO登場

日産自動車は「フェアレディZ」を一部改良し、1月11日から全国一斉に発売。また同日、日産の関連会社であるニッサン・モータースポーツ・インターナショナルとオーテックジャパンは、同車をベースにした共同開発商品「フェアレディZ Version NISMO」を新たに設定し全国一斉に発売した。
f0040885_19384246.jpg
今回の一部改良の内容は、まず外観でボンネットフードにプレス加工を施し、初代フェアレディZ(S30型)を彷彿させるデザインを採用した。

加えてボディーカラーにも初代フェアレディZで用いられたグランプリオレンジを蘇らせた「プレミアムパッショネイトオレンジ」を設定。また、ロードスターの幌には落ち着きあるグレーを新設定している。
f0040885_1939873.jpg
一方室内についても新色のグレー内装色を追加。装備面では衝突時に頭部をサポートするためのヘッドレストを大型化し安全性を向上。タイヤは従来のブリヂストン・ポテンザRE040から、よりロードノイズを低減したRE050Aへと変更した。

メカニズム面においてはエンジンを従来の「VQ35DE(日産の基幹エンジンであったV型6気筒3500ccエンジン)」から、新開発された「VQ35HR」を搭載。このVQ35HRは排気量こそ以前のVQ35DEと変わらないものの、最高出力は294馬力から313馬力へと約20馬力アップしてハイパワー化を図るとともに、7500回転という高回転まで回るエンジンに仕上げている。


ハイパフォーマンスモデルとなる「フェアレディZ Version NISMO」は、ノーマルモデルに対してボディ補強を加えてボディ剛性を高めた他、タイヤは高性能なハイグリップタイプのブリヂストン・ポテンザRE-01Rを装着。
f0040885_19393847.jpg
f0040885_19401041.jpg
サスペンションは全面的にセッティングし直され、コーナリングパフォーマンスを向上。また新たにパフォーマンスダンパーという機構を採用することで、高次元のハンドリングと快適性を両立させたという。

外観では国内でも最も人気の高いレースである「SUPER GT」に参戦する車両からの空力データをもとに専用パーツを開発し装着。

内装においても専用のメタリック調本革を採用したのを始め、シートにはアルカンターラ(スウェード調人工皮革)を採用している。
f0040885_19402210.jpg
価格はエンジン・パフォーマンスが大幅に向上にも関わらず、クーペが税込みで3,370,500~4,042,500円、ロードスターが3,895,500~4,567,500円と、改良前の価格と大幅な変更はない。

Version NISMOは6MTが4,399,500円、マニュアルモード付5ATで4,494,000円とノーマルより割高となるが、チューニングの内容を考慮すると納得の価格設定といえる。

往年の名車であるフェアレディZは、2002年に現行型が登場。その後着実に熟成されて進化を続けてきた。今回の改良では新開発エンジンの搭載、Version NISMOの設定など、随所に日産のパフォーマンス追求への想いが感じられる。

また年内にはスーパー耐久でのホモロゲーション(公認審査)取得のため、3800ccという排気量を上げたエンジンを搭載する「スペシャルモデル」の登場するのではないかと噂されている。
[PR]
by ism-individualcar | 2007-01-12 19:44 | NEWS
<< アウディからA4特別限定車 D... レクサスIS-F 登場! -N... >>