エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・イズム コンシェルジュ・インディヴィジュアルカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる、個性派カー情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タイプR復活
from kawaguchi@mana..
世界で一番美しいクルマ
from 金沢ちんさんの☆「ランラン日..
欧州仕様 HONDA シ..
from Lohas Life~ロハス..
次期CR-X登場!! か?
from kawaguchi@mana..
ユーロシビックその後
from Gachael's Plea..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

三菱デリカ D:5の販売が好調、目標の3倍に

 三菱自動車は1月31日に発売した新型「デリカ D:5」の累計受注台数が、販売開始後の一ヶ月で7500台になったと 発表した。

 デリカ D:5の月間販売目標台数は2300台であるため、目標の3倍を超える受注となった。また同時にこれは2005年1月の「三菱自動車再生計画」発表以降の新型車としては最も好調な立ち上がりになったという。

 受注内容・内訳を見ると、元も人気が高いのはG-Navi Packageグレードで全体の44%を占める。そしてこれに次いでG-Premiumが36%、G-Power Pcakageが12%、Gが5%、Mが3%となる。

 また購入年齢層について最も多いのは40代の30%で、次いで30代が26%、50代が20%、29歳以下が17%、60歳以上が7%となっている。

 ボディカラー上位5位は、5位がブラックマイカ/ミディアムグレーマイカの2トーンで9%、4位がブラックマイカで14%、2位同率の16%で、ウォームホワイトパールとウロームホワイトパール/クールシルバーメタリック(2トーン)。そして1位がクールシルバーメタリック/ミディアムグレーマイカ(2トーン)で19%となっている。

 三菱自動車の分析によると、デリカ D:5はワンボックスタイプのミニバンながらも他者にはない悪路走破性の高さや快適なスペース&ユーティリティを併せ持つ点が、ユーザーに広く好評を博しているという。また購入層は30-40代の行動派ファミリー層を中心に購入されているという。
[PR]
by ism-individualcar | 2007-03-02 18:59 | NEWS
<< ホンダ、新ハイブリッドスポーツ... アウディR8 アウディの新価値... >>