エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・イズム コンシェルジュ・インディヴィジュアルカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる、個性派カー情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タイプR復活
from kawaguchi@mana..
世界で一番美しいクルマ
from 金沢ちんさんの☆「ランラン日..
欧州仕様 HONDA シ..
from Lohas Life~ロハス..
次期CR-X登場!! か?
from kawaguchi@mana..
ユーロシビックその後
from Gachael's Plea..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

カテゴリ:ポルシェ( 1 )

ポルシェ911タルガ4&4S -試乗速報-

f0040885_0543992.jpg

■いまパリにいます。南仏でプジョー207の試乗会に参加した後、今度はポルトガルのファーロに飛んでポルシェ911タルガ4&4Sの試乗会に参加した。

■1965年に初代モデルが登場したタルガは、その後歴代のモデルでラインナップされてきた伝統のグレード。911はその後カブリオレ・モデルを追加するが、それでもタルガは必ずラインナップに残されてきた。もともとは北米からの安全要求をクリアするために生まれたオープンの変形モデルだが、その後この形式は他車にも広がり、タルガという名前そのものがカテゴリー名にすらなりかけた経緯も持つ。つまりタルガ=伝統のモデルである。

■997型911に加わった新型タルガはまず、4&4Sという名前からも分かるように全車4WDとなるのが特徴。この997型からタルガというモデルはより付加価値の高い差別化が図られたモデルになった証だ。

■写真からも分かるように大型のグラスルーフが与えられるのが特徴で、これは先々代911である993型から受け継がれる機構。もちろん進化を果たしている。さらにタルガでは写真のようにリアハッチが開閉式となるのが特徴で、ゴルファーにとっては願ってもない装備ともいえる。

■それはさておき今回のタルガ最大の特徴はルーフラインだろう。もともとタルガはクーペではなく、カブリオレをベースにルーフレールを取り付ける構造を持つが、今回はそれを強調するようにルーフラインの下にエレガントなアルミのラインが入っている。だからパッと見では普通の911と変わらないように見えるのだが、実は良く見るとルーフのラインが異なっており、とてもエレガントな感じを生み出しているのだ。

■さらに今回タルガは専用のチューニングが施されたサスペンションが装着されるのが特徴。これによって走りは…この続きはまた次の機会に。
f0040885_055161.jpg

[PR]
by ism-individualcar | 2006-09-28 01:05 | ポルシェ