エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・イズム コンシェルジュ・インディヴィジュアルカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる、個性派カー情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タイプR復活
from kawaguchi@mana..
世界で一番美しいクルマ
from 金沢ちんさんの☆「ランラン日..
欧州仕様 HONDA シ..
from Lohas Life~ロハス..
次期CR-X登場!! か?
from kawaguchi@mana..
ユーロシビックその後
from Gachael's Plea..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

カテゴリ:NEWS( 11 )

トヨタの上級ハッチバック「ブレイド」登場

トヨタは新型車ブレイド「BLADE」を発表。全国のトヨタ店ならびにトヨペット店を通じて昨年12月21日より発売した。
f0040885_135261.jpg
ブレイドは、「洒落た大人の高級ハッチバック」を開発テーマに、扱いやすいサイズのボディと、見る人を一目で惹きつける先進的なデザイン、上級セダンに匹敵する充実の安全・快適装備、ゆとりの走行性能により、乗る人のプライドを満たし、遊び心もくすぐる、新たな魅力を備えたクルマを目指した。

トヨタは、BLADE(ブレイド)とは、英語で刃(やいば)を意味し「人を魅了する鋭さを持ったクルマ」であると説明する。新しい魅力を備えたトヨタブランドの最上級ハッチバックと位置づけている。

ブレイドは2ヶ月前に登場した欧州攻略車である「オーリス」とプラットフォームを共用する兄弟車だが、軽快に走りを楽しむオーリスとは異なり、ブレイドが狙うのは洗練されたライフスタイルを志向するユーザーであり、それらユーザーの感性に響くことを追求し新境地を開拓するクルマだという。

f0040885_13523396.jpg
エクステリアは、フロントグリルに向かい尖ったノーズ、L字型ヘッドランプにより「格の高さ」を感じさせるフロント回りを構築。サイドにはドアモールを配し、流れるようなラインを形成。リアには横長に配置され、クリスタル仕立てにされたリアコンビランプが目を引く。LED間接配光とスモークに塗装されたレンズの凝った機構が採用されており、ランプ点灯時には2本のラインが強調される。

f0040885_13573760.jpg
f0040885_13574443.jpg
インテリアは、Gグレードにアルカンターラと本革を組み合わせたシートを採用。ステアリングは本革巻き4本スポークを全車に標準装備。見た目だけでなく、心地良さをも追求した室内空間と装備を併せ持つ。

エンジンにはこのクラスのハッチバックとしては稀な2400ccエンジンを搭載し、7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを組み合わせることで、余裕ある動力性能を生み出している。

サスペンションはフロントにオーリス同様のマクファーソンストラットを採用するが、リアにはブレイド専用のダブルウィッシュボーンを新開発して採用。これによってオーリスよりも懐の深いしなやかな乗り味を狙う。

価格は2,247,000〜2,772,000円(税込)。

世界的なハッチバックの代名詞であるフォルクスワーゲン「ゴルフ」をライバルに見据えたブレイド。現状、エンジンは1機種のみの設定で、ゴルフのように3.2LのV6エンジンを搭載した走りに特化したグレードはラインナップされていない。

今後は同社のエスティマやハリアーが搭載するV型6気筒3500ccなどの大排気量エンジンを搭載するモデルの登場も噂されている。
[PR]
by ism-individualcar | 2007-01-05 14:03 | NEWS