エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・イズム コンシェルジュ・インディヴィジュアルカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる、個性派カー情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タイプR復活
from kawaguchi@mana..
世界で一番美しいクルマ
from 金沢ちんさんの☆「ランラン日..
欧州仕様 HONDA シ..
from Lohas Life~ロハス..
次期CR-X登場!! か?
from kawaguchi@mana..
ユーロシビックその後
from Gachael's Plea..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新型アウディTT -魅力溢れるスポーツ・クーペその4-

f0040885_1631070.jpg

■これまで3回に渡ってお届けしてきた新型アウディTTの魅力。今回は最終回です。

魅力その4:ここまでを振り返ると、魅力その1はデザイン、その2はアルミボディ、その3は素晴らしいドライブトレーンという風にレポートしてきたわけですが、最後はその価格。

■デザインに優れ、アルミを多用し、素晴らしいドライブトレーンを組み合わせた新型アウディTTは価格的にもなかなか優れたプライスを実現している、と思えます。

■特に2.0TFSIでは440万円というプライス。確かに国産車比では高いと思えるかもしれませんが、これほど先進的かつ魅力的な内容を持ったスポーツカーと考えると実は意外にお買い得といえるわけです。性能的にはポルシェ・ボクスターやBMWのZ4に匹敵するし、乗り味走り味でも負けていない、加えてアウディならではの高い品質感があり、今最もホットなプレミアム・ブランドとしてのブランド性もある…と考えていくと、同じような条件を満たすクルマはなかなかないわけです。

■3.2クワトロの方も価格的には574万円というプライスで、決して安いとはいえないのですが、やはり上記のことを考えると…言わずもがななのです。

■そう考えるとアウディの今回の新型TTは素晴らしい提案性に溢れていると思えます。長年培ってきたアルミ技術や品質向上、そしてブランド性など、アウディの目指してきた全てが集約された1台といえるでしょう。

アウディTTの製品ページ
■お問い合わせ:アウディ・ジャパン
[PR]
by ism-individualcar | 2006-12-29 16:14 | アウディ

新型アウディTT -魅力溢れるスポーツ・クーペその3-

f0040885_13112993.jpg

■アウディが日本市場に送り出したTTは、実に魅力溢れるスポーツカーである。

魅力その3:新型TTに搭載されるエンジンは2種類。ひとつは2.0Lの直列4気筒直噴ターボのTFSIが2.0TFSIと呼ばれるグレードに搭載される。これは同社のアウディA3スポーツバック2.0TFSIやVWゴルフGTIに搭載される、既に定評あるパワーユニットだ。最高出力は200ps/5100-6000rpm、最大トルクは28.5kgm/1800-5000rpmと、A3スポーツバックやVWゴルフGTと同じである。ただし前述の通りでTTは車重が軽いため、動力性能的には当然、それらを上回っている。

■また「3.2クワトロ」というグレードには、やはりA3スポーツバックやVWゴルフR32に搭載されるものと同じ3.2LのV6が搭載される(上の写真)。こちらは最高出力250ps/6300rpm、最大トルク32.6kgm/2500-3000rpmと、やはり他の2台と同じスペックが与えられるが、同じようにTTは車重の軽さを活かし、他の2台よりも高い動力性能を発揮するのである。

■2.0TFSIの駆動方式はFF、3.2クワトロはその名の通り4WDを採用。組み合わせられるトランスミッションは、ともにSトロニックと呼ばれる2ペダルMTを採用する(下の写真)。これはVWでいうDSGと同じ機構。以前はアウディもDSGと称していたが、最近では独自にSトロニックという名称を与えたのである。

■2.0/3.2L+DSGという2種類のドライブトレーンがTTにおける魅力のひとつ。既にA3スポーツバックやVWゴルフGTIおよびR32でこれらのドライブトレーンは高い評価を得ているが、このドライブトレーンがTTの軽量ボディに組み合わせられることで、高い動力性能を実現。同時にこれらのドライブトレーンは2.0/3.2Lともに、まずエンジンにおいて高性能ながら実に気持ちよいフィーリングを実現しており、普段の使い勝手や扱いやすさがこの上ないのに加え、クルマ好きを存分に唸らせる感触と味わいを持っている。さらに世界最高の2ペダルMTという呼び声のあるSトロニックによって、普段使いにおけるAT同様の滑らかな変速が高い一般性を実現していると評価できる。併せてMTモードやSモードで、シフトやパドルを使いながら走りを存分に楽しめるというマルチな性格をも持ち合わせている。つまりTTのドライブトレーンは、とても理想的な内容を実現したものなのである。
f0040885_13115055.jpg


アウディTTの製品ページ
■お問い合わせ:アウディ・ジャパン
[PR]
by ism-individualcar | 2006-12-26 13:51 | アウディ

新型アウディTT -魅力溢れるスポーツ・クーペその2-

f0040885_11262270.jpg

■アウディが日本市場に送り出したTTは、実に魅力溢れるスポーツカーである。

魅力その2:今回の新型TT最大の特徴は、ボディのほとんどがアルミニウム製となること。通常自動車のボディはスチール(=鉄)製であるが、アウディは90年代初頭から最上級車種のA8でアルミニウム製のボディ(アウディ・スペース・フレーム=ASF)を手がけており、この技術を今回TTにも投入したのである。スチールよりも軽量なアルミニウムをボディに用いることで、車両重量の圧倒的な低減が可能となり、自動車の基本である「走る・曲がる・止まる」性能を飛躍的に高めることができる。

■今回TTではこのASFをさらに進化させ、初めてスチールとの併用を実現。ボディの69%にアルミニウムを用い、残り31%をスチールとしている。スチールが用いられるのは主にフロアパネル後部、つまりリアシートの下辺り。この他にドアやラゲッジコンパートメントリッド(=リアのハッチ部分)もスチール製となる。そしてそれ以外の部位はアルミニウム製である。この結果TTのボディシェルは重量206kgとなるが、うち140kgがアルミニウム、残り66kgがスチールという構成になる。アウディいわく、「仮に全てをスチールで造った場合、重量は48%増加することになるだろう」とのこと。いかにこのアルミニウム製ボディが軽量に寄与しているかが分かる。

■この結果新型アウディTTは、2.0TFSIで1340kg、3.2クワトロで1470kgの車両重量を実現。ちなみに同じエンジン+トランスミッションを用いるA3スポーツバック2.0TFSIで車両重量は1430kg、A3スポーツバック3.2クワトロで車両重量は1640kgになることから、TTがいかにアルミニウムによって軽量が図られているかが分かる。

f0040885_11264548.jpg


アウディTTの製品ページ
■お問い合わせ:アウディ・ジャパン
[PR]
by ism-individualcar | 2006-12-22 11:48 | アウディ

新型アウディTT -魅力溢れるスポーツ・クーペその1-

f0040885_1521143.jpg

■アウディが日本市場に送り出したTTは、実に魅力溢れるスポーツカーである。

魅力その1:なんといってもスタイリングが美しい。TTは先代モデルにおいて、その後の自動車デザインに大きな影響を与えたインパクトあるデザインを纏って登場したが、2代目となるこのモデルは、そうした先代を一層洗練させた感覚に溢れている。眺める角度によって様々な表情を持っており、この日も撮影をしながら飽きることなく様々なアングルから眺めてしまったほど。その意味では先代の幾何学的デザインは見るものに強烈なインパクトを与えたが、この2代目は噛めば噛むほど味が出てくるデザインといえるだろう。やはりクルマは見た目が命。そう考えるとTTのスタイリングにおける魅力は絶大だと思えるのである。

f0040885_15215041.jpg

■リアからの眺めも実にスタイリッシュ。特に緩やかに弧を描くルーフラインと、それを受け止めるショルダーのラインが美しい。

アウディTTの製品ページ
■お問い合わせ:アウディ・ジャパン
[PR]
by ism-individualcar | 2006-12-21 15:36 | アウディ