エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・イズム コンシェルジュ・インディヴィジュアルカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる、個性派カー情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タイプR復活
from kawaguchi@mana..
世界で一番美しいクルマ
from 金沢ちんさんの☆「ランラン日..
欧州仕様 HONDA シ..
from Lohas Life~ロハス..
次期CR-X登場!! か?
from kawaguchi@mana..
ユーロシビックその後
from Gachael's Plea..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

伝説のタイプRがシビックで復活

 ホンダは同社のコンパクト・セダンであるシビックに、運動性能を徹底的に研ぎすまし、サーキットを含むあらゆる走行シーンで、人とクルマの一体感ある操るよろこびを追求したピュアスポーツモデル「タイプR」を設定し、3月30日に発売すると発表した。
f0040885_19212268.jpg
f0040885_1921566.jpg
f0040885_19281168.jpg
 シビック・タイプRは225psにまで出力を高めた2.0LのタイプR専用エンジンを搭載し、これに6速マニュアルトランスミッションを組み合わせている。 さらにタイプRならではの手法として、軽量化と高剛性化を徹底して図った。またサスペンションも専用セッティングとした他、専用の18インチタイヤ、専用のブレンボ社製ブレーキも採用している。

f0040885_19223183.jpg
 外装では「ピュアスポーツモノフォルム」をテーマに、空力性能に優れた専用のエアロパーツを採用。またエンジンフードやフロントフェンダーも専用品としている。一方インテリアでは、「サーキットコクピット」をテーマに、専用となるホンダRスペック・シートや専用の3本スポーク小径ステリアリング、アルミ製シフトノブなどを採用している。車両価格は283.5万円(消費税込み)となる。
f0040885_19275637.jpg
 ホンダのタイプRとは、ベース車の運動性能を際立たせ、走る楽しさを徹底追及したレーシングテイストを味わえるスポーツモデルとして、1992年NSXに初めて設定されたクルマ好きの間では伝説のモデル。

 その後タイプRは、1995年にインテグラ、1997年にはシビックにも設定された。さらに2001年にはインテグラに2代目となるタイプRを、2001年にはシビックに2代目タイプRを、2002年にはNSXに2代目タイプRを設定した。

 しかしその後はシビック・タイプR、NSXタイプRが消滅し、2006年のインテグラ生産終了とともにタイプRは完全消滅していた。それだけに今回の3代目シビック・タイプRの登場は、伝説のタイプRの復活ともいえるのである。

 ホンダいわく「次世代のタイプR」と謳う今回のシビック・タイプRだが、手法はこれまでのタイプRと変わらない。タイプRの手法とは、ベース車を徹底的に軽量化・高剛性化し、その上でファイン・チューニングを施したエンジンやサスペンションを搭載。さらに内外装に専用品を与えるという手法である。

 軽量化・高剛性化に関しては今回、1270kgという車両重量と従来のインテグラ・タイプR比でボディ剛性を約50%向上した。そして2.0Lの直列4気筒DOHC・i-VTECエンジンは、量産2.0Lの自然吸気エンジンとしては限界ともいえる225ps/8000rpmを達成。最大トルクは21.9kgm/6100rpmを発生する。

 また組み合わせられる6速マニュアルトランスミッションは、加速性能を重視したクロスレシオを採用する他、高剛性アルミ・トランスミッションケースや、ショートストローク・シフトも盛り込んでいる。

 またサスペンションは当然サーキット走行を見据えた強化タイプとして専用セッティングがなされており、これに225/40R18サイズとなるポテンザRE070専用タイヤと軽量化を図った18インチアルミホイールを組み合わせた。さらにトルク感応型ヘリカルLSDや、耐フェード性に優れた大径ブレーキと17インチのブレンボ社製アルミ製対向4ポッドキャリパーを採用。ABSも専用セッティングとなる。

 なお、このシビック・タイプRの試乗記に関しては、今後掲載を予定しているのでお楽しみに!
[PR]
by ism-individualcar | 2007-03-29 19:35 | NEWS

最後のスマート限定車登場

 ダイムラー・クライスラー日本は、2人乗りの2ドア・コンパクトカーであるスマート・フォーツー・クーペに、特別色のボディカラーを採用した限定車である「エディション・ルビーレッド」を、全国のスマート正規販売ネットワークを通じ3月26日から限定発売すると発表した。
f0040885_1682388.jpg

 スマート・フォーツーは「最小限のボディサイズで最大限の安全性、快適性、環境適合性」をコンセプトとして1998年に登場し、日本には2000年から導入が始められた。スマート・フォーツーは全長でわずか2540mm、全幅で1515mmというコンパクトなサイズの2人乗りの乗用車であるが、メルセデス・ベンツのクルマ作りのノウハウを活かして開発された全く新たなカテゴリーの乗用車として欧州を中心に人気を博してきた。

 そして日本に導入され、首都圏を中心にその姿を多く見かけるようになった。また2004年から全幅を1470mmとして日本の軽自動車規格に合致させたスマートKを発売し人気を得てきた経緯も持っている。

 今回発売される「エディション・ルビーレッド」は、現行型スマート・フォーツー・クーペにおける最終モデルとして位置づけられる。ボディカラーに特別色である「ルビーレッド」を採用することによって、キュートなスタイリングながらエレガントで落ち着きのある印象を加えた仕様としている。

 この「エディション・ルビーレッド」は全国限定30台となるが、限定30台の証としてシリアルナンバーを刻んだ専用のエンブレムが室内およびリアパネルに装着されるのが特徴となっている。その他、インテリアのカラーはツインスターブルーとなる。車両価格は165万円(消費税込み)となっている。

 「エディション・ルビーレッド」がスマート・フォーツーにおける最後の限定車となる理由は、既にヨーロッパにおいて新型のスマート・ フォーツーが発表されているため。新型は現行モデルよりもボディサイズがひと回り大きくなった他、搭載エンジンの排気量などもアップして成長を果たしたが、それでもなお最小のコンパクトカーというコンセプトは変わっていない。ちなみにこの新型スマート・フォーツーの日本市場への導入時期は未定となっている。
[PR]
by ism-individualcar | 2007-03-27 16:09 | NEWS

ホンダ、新ハイブリッドスポーツコンセプトを発表

 ホンダのイギリス現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッ ドは、3月6日に開幕したジュネーブモーターショーにおいて、ホンダ・スモール・ハイブリッド・スポーツ・コンセプトを発表した。
f0040885_10232610.jpg


 ホンダ・スモール・ハイブリッド・スポーツ・コンセプトは、ホンダが提案する新世代のハイブリッド車のデザイン・スタディモデル。ハイブリッド技術による高い環境性能と、小型スポーツカーを操る楽しさを高次元で両立することを目指して、ドイツにあるホンダR&DヨーロッパGmbHがデザインを手がけた。

 ホンダ・スモール・ハイブリッド・スポーツ・コンセプトの3サイズは全長4000mm×全幅1760mm×全高1270mm。ホイールベースは2350mmとコンパクトなサイズ。プラットフォームはスモールカークラスの前輪駆動方式をベースとしており、4気筒ガソリンエンジンに小型高効率モーターを組み合わせたホンダIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)の進化型ハイブリッドシステムを搭載し、トランスミッションはCVTを組み合わせる構成とした。

 かつてのCR-Xや、ホンダ初のハイブリッドカーであるインサイトを彷彿とさせながらも、よりスポーツ性を感じさせるデザインを展開。ホンダの関係者曰く「市販の可能性はない」というが、このショーへ出展することによって、メディアを始め一般ユーザーの反応を図ろうとする狙いは明白だ。
[PR]
by ism-individualcar | 2007-03-07 10:25 | NEWS

三菱デリカ D:5の販売が好調、目標の3倍に

 三菱自動車は1月31日に発売した新型「デリカ D:5」の累計受注台数が、販売開始後の一ヶ月で7500台になったと 発表した。

 デリカ D:5の月間販売目標台数は2300台であるため、目標の3倍を超える受注となった。また同時にこれは2005年1月の「三菱自動車再生計画」発表以降の新型車としては最も好調な立ち上がりになったという。

 受注内容・内訳を見ると、元も人気が高いのはG-Navi Packageグレードで全体の44%を占める。そしてこれに次いでG-Premiumが36%、G-Power Pcakageが12%、Gが5%、Mが3%となる。

 また購入年齢層について最も多いのは40代の30%で、次いで30代が26%、50代が20%、29歳以下が17%、60歳以上が7%となっている。

 ボディカラー上位5位は、5位がブラックマイカ/ミディアムグレーマイカの2トーンで9%、4位がブラックマイカで14%、2位同率の16%で、ウォームホワイトパールとウロームホワイトパール/クールシルバーメタリック(2トーン)。そして1位がクールシルバーメタリック/ミディアムグレーマイカ(2トーン)で19%となっている。

 三菱自動車の分析によると、デリカ D:5はワンボックスタイプのミニバンながらも他者にはない悪路走破性の高さや快適なスペース&ユーティリティを併せ持つ点が、ユーザーに広く好評を博しているという。また購入層は30-40代の行動派ファミリー層を中心に購入されているという。
[PR]
by ism-individualcar | 2007-03-02 18:59 | NEWS