エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・イズム コンシェルジュ・インディヴィジュアルカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる、個性派カー情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タイプR復活
from kawaguchi@mana..
世界で一番美しいクルマ
from 金沢ちんさんの☆「ランラン日..
欧州仕様 HONDA シ..
from Lohas Life~ロハス..
次期CR-X登場!! か?
from kawaguchi@mana..
ユーロシビックその後
from Gachael's Plea..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

タグ:シビック ( 17 ) タグの人気記事

伝説のタイプRがシビックで復活

 ホンダは同社のコンパクト・セダンであるシビックに、運動性能を徹底的に研ぎすまし、サーキットを含むあらゆる走行シーンで、人とクルマの一体感ある操るよろこびを追求したピュアスポーツモデル「タイプR」を設定し、3月30日に発売すると発表した。
f0040885_19212268.jpg
f0040885_1921566.jpg
f0040885_19281168.jpg
 シビック・タイプRは225psにまで出力を高めた2.0LのタイプR専用エンジンを搭載し、これに6速マニュアルトランスミッションを組み合わせている。 さらにタイプRならではの手法として、軽量化と高剛性化を徹底して図った。またサスペンションも専用セッティングとした他、専用の18インチタイヤ、専用のブレンボ社製ブレーキも採用している。

f0040885_19223183.jpg
 外装では「ピュアスポーツモノフォルム」をテーマに、空力性能に優れた専用のエアロパーツを採用。またエンジンフードやフロントフェンダーも専用品としている。一方インテリアでは、「サーキットコクピット」をテーマに、専用となるホンダRスペック・シートや専用の3本スポーク小径ステリアリング、アルミ製シフトノブなどを採用している。車両価格は283.5万円(消費税込み)となる。
f0040885_19275637.jpg
 ホンダのタイプRとは、ベース車の運動性能を際立たせ、走る楽しさを徹底追及したレーシングテイストを味わえるスポーツモデルとして、1992年NSXに初めて設定されたクルマ好きの間では伝説のモデル。

 その後タイプRは、1995年にインテグラ、1997年にはシビックにも設定された。さらに2001年にはインテグラに2代目となるタイプRを、2001年にはシビックに2代目タイプRを、2002年にはNSXに2代目タイプRを設定した。

 しかしその後はシビック・タイプR、NSXタイプRが消滅し、2006年のインテグラ生産終了とともにタイプRは完全消滅していた。それだけに今回の3代目シビック・タイプRの登場は、伝説のタイプRの復活ともいえるのである。

 ホンダいわく「次世代のタイプR」と謳う今回のシビック・タイプRだが、手法はこれまでのタイプRと変わらない。タイプRの手法とは、ベース車を徹底的に軽量化・高剛性化し、その上でファイン・チューニングを施したエンジンやサスペンションを搭載。さらに内外装に専用品を与えるという手法である。

 軽量化・高剛性化に関しては今回、1270kgという車両重量と従来のインテグラ・タイプR比でボディ剛性を約50%向上した。そして2.0Lの直列4気筒DOHC・i-VTECエンジンは、量産2.0Lの自然吸気エンジンとしては限界ともいえる225ps/8000rpmを達成。最大トルクは21.9kgm/6100rpmを発生する。

 また組み合わせられる6速マニュアルトランスミッションは、加速性能を重視したクロスレシオを採用する他、高剛性アルミ・トランスミッションケースや、ショートストローク・シフトも盛り込んでいる。

 またサスペンションは当然サーキット走行を見据えた強化タイプとして専用セッティングがなされており、これに225/40R18サイズとなるポテンザRE070専用タイヤと軽量化を図った18インチアルミホイールを組み合わせた。さらにトルク感応型ヘリカルLSDや、耐フェード性に優れた大径ブレーキと17インチのブレンボ社製アルミ製対向4ポッドキャリパーを採用。ABSも専用セッティングとなる。

 なお、このシビック・タイプRの試乗記に関しては、今後掲載を予定しているのでお楽しみに!
[PR]
by ism-individualcar | 2007-03-29 19:35 | NEWS

シビック欧州仕様 -息の長いその人気-

f0040885_23323430.jpg

■この写真をとってから、もうすぐ1年が経過する。この1年の間に、シビック欧州仕様はついに正規導入されることがなかった。ただし、僕が原稿を書かせていただいている自動車専門誌「Xacar」では、このモデルを導入し、誌面でレポートを続けているのはもちろん、業界の多くの人に触れてもらったりもしている。

■つい先日も「東京オートサロン」において、「Xacar」ブースにこのシビック欧州仕様が展示された。僕もそのブースの様子を見ていたのだが、驚くことに多くの人がアシを停めて興味を示していた。東京オートサロンといえば、非常にインパクトの強いクルマが多く展示される。そんな中にあって、ノーマル・モデルのシビック欧州仕様に多くの人がアシをとめてしげしげと眺めていたのはとても興味深い光景だった。

■また興味深い事実として、このエキサイトismコンシェルジュ-インディヴィデュアルカー-でシビック欧州仕様を取り上げて多くの人に記事を読んでもらったわけだが、コメントが未だ止まることなく書き続けられているということ。

■通常こうした記事に対するコメントというのは、ある程度の期間が過ぎれば止まる。しかしシビック欧州仕様の記事に関しては例外で、未だコメントがポツポツと書き込まれている状態なのである。

■コメントを書き込む…という行為は、当然何かに心を突き動かされるがゆえのもの。そう考えた時、未だシビック欧州仕様の記事に書き込みがあるという事実はとても重要だと思う。

■いま、改めて調べてみると、最初にシビック欧州仕様の記事を書いたのが昨年の3月16日のこと。そしてこの記事に対するコメント数は現時点で87。さらにその後「シビック欧州仕様再び!」というタイトルで記事を書いたが、これに対するコメント数は現時点で231にまで達し、トラックバック数は19にも上っている。もちろんこの他にもシビック欧州仕様に関しては、タイプRのことも含めちょこちょこ記事を書いており、それら全てのコメント数を確認すると128にのぼる。だから全てを合計すると、シビック関連だけで実に446件ものコメントの書き込みがあったことになる。

■そう考えると、本当に驚きである。もちろん僕は他の記事でこれほどの書き込みをもらったことはない。

■そうして思うのは、これほど息の長い人気を保っていられるのは、やはりこのシビック欧州仕様が多くの人の「気になる存在」だからだと思う。

■自動車メーカーの人たちが良く口にする「マーケティング」という言葉があるが、それを重視している人たちは果たして、この現象をどのようにとられるのだろうか?

■もっともホンダが、こうした現象に敏感ならば、国内での販売は現在のような状況ではないのだと思うのだが…。

■しかし無念にも時は流れていく。おそらく、来年のジュネーブショーの頃には、このシビック欧州仕様の記事など、多くの人が忘れていることだろう。もっともその時に、ホンダが国内でも元気で我々を夢中にさせてくれるメーカーであってくれれば何も問題はないが。
[PR]
by ism-individualcar | 2007-01-27 23:53 | ホンダ

シビック欧州仕様、ついに日本上陸!!

f0040885_17312658.jpg

■このインディヴィデュアルカーにおいて、さんざん取り上げてきたシビック欧州仕様がついに日本上陸を果たしました!!

■日本上陸を実現させたのは自動車専門誌「Xacar」。僕は早速11月の初めの日にこのクルマを箱根の芦ノ湖スカイラインで走らせてきました。

■欧州で得た感激は果たして日本の道路でいかに…。詳しい内容は当然ここではまだ記すことができませんが、ご興味のある方は今月20日に発売される「Xacar」をチェックしてみてください。

■ひと言だけ記しておくと、やはり「これぞシビック!」
[PR]
by ism-individualcar | 2006-11-05 23:38 | ホンダ

シビック・タイプR 欧州仕様VS日本仕様

f0040885_2228121.jpg

■先日9月30日のエントリーで、ついに欧州仕様シビック・タイプRが登場! 「これを見て何か感じますか?」と皆様に質問した舌の根も乾かぬウチに、またひとつ質問が増えてしまいました。既にご存じの方もいるかもしれませんが、本日ホンダはF1記者会見において、今週末の2006鈴鹿GPにおいて、シビック・タイプRプロトタイプがオフィシャルカーを務めると発表したのです。で、上の写真が早速届けられたシビック・タイプRプロトタイプ(こちらはおそらく市販版)というわけです。ちなみにkawaguchi@manablogの方には日本仕様の全ての写真あり。
■で、こっちが欧州仕様のタイプR。
f0040885_2328925.jpg


■うううーん、悩ましいですね。ちなみに後ろ姿も載せておきます。これが日本仕様で、
f0040885_035150.jpg


■こっちが欧州仕様。
f0040885_045520.jpg


■とりあえず今日はここまで。ご感想お待ちしております。
[PR]
by ism-individualcar | 2006-10-04 00:07 | ホンダ

シビック・タイプR パリ・ショーに登場! 

f0040885_22491082.jpg

■28-29日に開催されたパリ・ショーのプレスデイにおいて、ついに欧州仕様のシビック・タイプRが発表された。今年3月に開催されたジュネーブ・ショーの時のコンセプト・モデルほぼそのままの姿での登場だ。

■今回は新型CR-Vと同時発表だったが、やはり我々的に目がいくのはこちら。改めて見るとやはり魅力的な1台として目に映る。

■今回僕はケーブルTVの取材が主だったのだけど、このタイプRの運転席でカメラを回した時のコメントは、やはりホンダは今こういう元気がクルマが望まれている…ということだった。

■そして見れば見るほどに、日本に導入されないのが不思議に思えてくる。

■皆さんはこのシビック・タイプRを見て何を感じますか? 僕も時間があればここでもう一度取り上げようと思いますが、ご意見ある方はぜひ書き込んでみてください。
[PR]
by ism-individualcar | 2006-09-30 22:54 | ホンダ

シビック欧州仕様 -ホンダが考える今後の展開その3-

■シビック欧州仕様に関してのホンダの回答は、先にアップした「ホンダが考える今後の展開その2」の通りとなっているが、今回ホンダの黒田さんは、さらにその先の話をしてくれた。これは実に興味深く、ホンダ・ファンにとっては「希望」といえる部分ではないだろうか?

■それはどんな話かというと、まずはタイプRを始めとしたホンダのスポーツカーの今後である。
黒田さんいわく

「確かに日本の市場は今ミニバンばかりで、ホンダのラインナップもそうなっています。が、もちろんスポーツ・モデルを忘れてはいませんし、今後も必要と思っています。まずタイプRに関してですが、これは4ドア・セダンのシビックをベースとして近いうちに送り出す予定です。そして噂されるV10のスポーツカーですが、これもちゃんとやってますし、研究所の中を走っています。それとS2000ですが、これも後継モデルをちゃんと考えています。もちろん形式はFRで、今度は2ペダルも考えています。S2000後継モデルはおそらくV10スポーツの後に登場することになるでしょう

ということ。驚きなのは、いわゆる取材の中でホンダの役員の方が、これほど明確に将来の話をしてくれたということ。これはなかなかないことである。

しかも今回ポイントとなるのは、S2000の存続が初めてホンダから発信されたという点。これも重要な部分といえる。

しかし驚きはさらにまだ残されていたのだった。
[PR]
by ism-individualcar | 2006-08-26 00:15 | ホンダ

シビック欧州仕様 -ホンダが考える今後の展開その2-

f0040885_1020451.jpg

■ただもちろん黒田さんもそんな状況を良しとしているわけではない。実際に僕が「黒田さん自身は5ドアを日本に入れたいですか?」と聞くと、

「私自身、入れたいという気持ちは強くあります。それに社長の福井自身も5ドアを日本に入れたいと考えているようです。でもなかなか…」

 驚くことに黒田さんはもちろん、福井社長までもが欧州仕様シビックを日本に導入したいと考えている。だからといって「じゃあ、入れましょう」とならない辺りが大企業ゆえの難しさなのだろう。だからこそ黒田さんもシビック欧州仕様の日本導入に関しては「できる限り、最大限努力はしたい」というのだ。

■だから僕はシビック欧州仕様日本導入が難しいという事実に失望を感じたものの、黒田さんを始めとするホンダの人々も決して「導入したくないわけではない」と分かったことに関しては少し嬉しく思えた。

■というわけで、シビック欧州仕様に関しては、こんな具合の回答となりました。黒田さんの言葉にもあるように、できる限りの努力をしたい、とのこと。

■またすぐに続きをアップしたいと思います。
[PR]
by ism-individualcar | 2006-08-23 10:23 | ホンダ

シビック欧州仕様 -ホンダが考える今後の展開その1-

f0040885_23313843.jpg

■読者の皆さん、長らくお待たせ致しました。先日アップさせて頂いたエントリー「-ホンダの黒田取締役にコメント提出-」の続きとなります。8月20日にこのインタビューを行ったXacar誌も発売となったので、ここでも詳細を記しておこうと思います。

■まずシビックの欧州仕様の導入について僕はこんな質問を投げかけました。「シビック5ドアを企画したとき、日本への導入は考えたのですか?」。この質問に対し、黒田さんはこんな風に答えてくれています。

「企画の段階では欧州をメインに日本への導入も当然考えました。しかし一番の問題は、為替の影響で英国製となる5ドアを日本に導入するとなると、非常に高価になってしまうことでした。つまり日本のお客様に適正価格でお届けできなくなるので厳しいと判断されたのです」

そこで僕「ということは、今後も例えば台数限定という形をとっても日本導入はないと考えてよいですか?」と核心に迫ってみた。これに対して黒田さんは、

「シビックはおかげさまで世界的に非常に好評で、生産も世界的に目一杯の状況です。特に欧州ではバックオーダーを抱えています。ですからまず日本向けに台数を確保するのが難しい。それにもし日本で売るなら台数限定ではなく、キチン販売したいですね。ただそう考えるとやはり為替の問題は大きいです。とはいえ、今後も5ドアに関しては状況を見つつ考えたいですし、努力したいと思っています」

ならば「日本で作るというのはどうですか?」と聞いてみた。すると黒田さんは、

「日本の鈴鹿工場で作ると、新たにラインを改修する必要が出てきます。そうなると2桁億円の後半に達する投資になるので難しい…」
ということでした。

■取りあえずここまで。続きをスグにアップします。
[PR]
by ism-individualcar | 2006-08-22 23:40 | ホンダ

シビック欧州仕様 -ホンダの黒田取締役にコメント提出-

■「そういえば、欧州シビックの件って、どうなったの?」というメールをたくさん頂いていますが、ご安心ください。このインディヴィデュアルカーで取り上げたシビック欧州仕様の記事に対するコメントを持って、7月4日にホンダを訪問しました。今回僕の訪問に対応してくれたのは、ホンダの取締役4輪事業本部長である黒田博史氏。文字通り、ホンダの4輪事業本部の頂点に立つ人であります。
f0040885_23152958.jpg

■この日は、自動車専門誌「Xacar」の取材も兼ねたもの。Xacarでも欧州仕様シビックの導入運動をやっているため、コラボレート企画としたわけです。

■Xacarでは8月20日発売の号でこの時の様子をレポートするため、まだ20日以上も前の段階であるため、ここで全てを記すわけにはいきませんが、まずは皆さんのコメントはしっかりと手渡ししてきた…ということを報告したいと思います。

■この前日の夜にこのインディヴィデュアルカーにおけるシビック欧州仕様の記事に関する皆さんのコメントを全てプリントアウトしたのですが、相当なものでした。A4の紙にして実に約70枚にも渡るものでしたから!

■黒田さんはこの印刷物を写真のように受け取り、その場でしばしコメントを読んでいました。そして「福井の方にも見せます」というコメントも残してくれたのでした。黒田さん、本当にありがとうございました。

■もちろん! コメントを手渡しただけでなく、ここインディヴィデュアルカーを始めとするシビック欧州仕様に対する反響の大きさについてホンダは今どう考えているのか? そして今後どのような対応をしていくのか? という部分にまで話は及び、約1時間半ほど話しました。

■この話の内容に関しては、8月20日売りのXacarで展開するのはもちろん、その発売日と前後して、ここでも詳しく報告させていただきたいと思います。

■というわけで今回は取りあえず、ご報告まで!
[PR]
by ism-individualcar | 2006-07-31 23:20 | ホンダ

シビック欧州仕様の件、ホンダに報告してきます。

f0040885_23373896.jpg

■以前エントリーを起こした「シビック欧州仕様再び!!」他、欧州仕様のシビックに関するエントリーに付けられたコメントを持って7月4日にホンダに行き、このコメントを確認してもらうことになっています。コメントを集計してみると、実に300件に達するほど。改めて読者の皆さんがいかにホンダに対して期待を抱いているのかを実感しました。

■以前のエントリーで書いたお約束通り、この件に関してホンダに報告…というわけです。ホンダ訪問については、今後このブログで報告させていただきますのでチェックのほど、よろしくお願いします。
[PR]
by ism-individualcar | 2006-07-03 23:43 | ホンダ