エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・イズム コンシェルジュ・インディヴィジュアルカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる、個性派カー情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タイプR復活
from kawaguchi@mana..
世界で一番美しいクルマ
from 金沢ちんさんの☆「ランラン日..
欧州仕様 HONDA シ..
from Lohas Life~ロハス..
次期CR-X登場!! か?
from kawaguchi@mana..
ユーロシビックその後
from Gachael's Plea..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

タグ:ジュネーブショー ( 3 ) タグの人気記事

次期CR-X? or インサイト? ホンダのジュネーブ出展車

f0040885_1055571.jpg

■このニュースは2月5日に発表されたものであるが、ここであえて取り上げてみたい。ホンダは3月6日から始まるジュネーブモーターショーにおいて、「Honda Small Hybrid Sports Concept」(以下HSHSC)を出展すると発表した。このHSHSCは、ホンダが提案する新世代のハイブリッドカーのデザインモデルと謳われている。

■気になるのはその後に続く言葉で、リリースによると「開発に際し、環境に配慮した最新のハイブリッド技術と、小型スポーツカーを操る楽しさを高次元で両立することを目指した」と記されるように、「ハイブリッド技術」を用いた「小型スポーツカー」という記述がなされていることである。LAショーに登場した「リミックス」に続き、小さなスポーツカーのコンセプトが、今度はハイブリッドという武器を伴って提示されるわけだ。

■ドイツにあるHonda R&D Europe(Deutschland)GmbHがデザインを手がけたこのHSHSCは、イラストを見るとかつてのCR-Xを彷彿とさせるイメージ。また同時にこれまで販売されてきた「インサイト」のイメージも漂っている。

■コンパクトなハイブリッド・スポーツというのは、既に数年前にトヨタがCS&Sというモデルを送り出しているし、別段驚きには値しない。しかし最近のホンダのジュネーブショーでの動きを見ていると、この場で発表されたコンセプトカーはしっかりと市販車になっているため、このHSHSCにも期待が持てるのである。

■かつてのインサイトでは、我々の多くが「これで運動性能が高かったら」という想いを抱いていたが、その辺りをHSHSCは確実に手に入れたクルマとなるはずである。またここで何度もお伝えしている様に、ホンダには今、インパクトのあるプロダクトが望まれているのである。

■このHSHSCではインサイトやシビックハイブリッドで採用するハイブリッドシステムであるホンダIMA(=インテグレーテッド・モーター・アシスト)がスポーツ的なものに進化すると考えるのが自然であろうが、もしかすると新たなものが盛り込まれているかもしれない。

■いずれにしても、ジュネーブショーが待ち遠しい。来週には現地からしっかりと報告をしたいと思っていますので、皆さん期待して待っていてください。
[PR]
by ism-individualcar | 2007-02-26 11:20 | ホンダ

マツダ3MPS -ジュネーブショー報告-

■マツダは先に行われたジュネーブショーで、マツダ3MPSを発表した。マツダ3は日本でいうアクセラで、MPSはシリーズ中最もホットなバージョンとなる。
f0040885_13314499.jpg


■マツダ3MPS最大の特徴は、2.3Lの直噴ターボ・エンジンを搭載していること。既に日本ではアクセラのひとつ上のレンジにあたるアテンザ(海外名マツダ6)で、ホットバージョンである2.3マツダスピード(海外名マツダ6MPS)というモデルを販売しており、これに搭載されるものと同じパワーユニットがアクセラにも搭載されるというわけだ。だから車名もこれに習えば日本ではアクセラ2.3マツダスピードとなる可能性が有力だ。

■2.3Lの直噴ターボエンジンは、アテンザでは最高出力272ps、最大トルク38.7kgmを発生するが、このマツダ3MPSは最高出力250ps以上、最大トルク38.7kgmとアナウンスされた。アテンザよりも出力が低いのは、アテンザの場合はこのエンジンが4WDと組み合わせられるのに対し、マツダ3MPSの場合はFF(前輪駆動)となるからだ。

f0040885_13441043.jpg

■とはいえアクセラのボディに2.3L直噴ターボの組み合わせは相当に強力なものとなるはず。事実このクラスにはVWゴルフGTIという強力なライバルがいるが、GTIは2.0Lの直噴ターボで最高出力200ps、最大トルク28.6kgmとなるから、マツダ3MPSはそれを大幅に上回る数値を実現する。ゴルフではさらにGTIの上に、R32という3.2LのV6エンジン搭載モデルが存在し、これが最高出力250ps、最大トルク32.6kgmだから、マツダ3MPSはゴルフR32よりも高性能…というわけだ。

■これは日本での発表が楽しみ。発売の暁にはゴルフGTIやR32と比較したいところだ。
[PR]
by ism-individualcar | 2006-03-22 13:45 | マツダ

ホンダ・シビック・タイプRコンセプト -ジュネーブショー報告-

f0040885_2571367.jpg

■ホンダはジュネーブショーにおいて、シビック・タイプRコンセプトを発表した。これは発表前の様子、写真に写っている2人はホンダの福井威夫社長とホンダF1のドライバーであるジェンソン・バトン。この発表にホンダがいかに力を入れているかが分かるショットだ。


f0040885_2575181.jpg

■そしてこれが発表されたシビック・タイプRコンセプト。いかにもホンダのタイプRらしい、ヤンチャで痛快なホットハッチとなっている。

f0040885_2583342.jpg

■リアからの眺めはこんな感じ。非常にアクの強いデザインだが、これが欧州では受けている。やはり他とは違う個性を主張しないとダメなのだろう。

■ちなみにこのシビック・タイプRコンセプトは、世界中のクルマ好きが注目する1台。そしてもちろんホンダの故郷である日本のユーザーもこのクルマに大注目している。しかし↓のシビック5ドア同様に、ホンダはこのシビック・タイプRを日本へは導入しない。果たして本当にそれで良いのだろうか? 

■みなさんはどう思われますか? この記事に関するコメントがあまりにも多いようならば、これもホンダに報告したいと思っています。もちろん僕は推進派です。
[PR]
by ism-individualcar | 2006-03-16 03:01 | ホンダ