エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・イズム コンシェルジュ・インディヴィジュアルカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる、個性派カー情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タイプR復活
from kawaguchi@mana..
世界で一番美しいクルマ
from 金沢ちんさんの☆「ランラン日..
欧州仕様 HONDA シ..
from Lohas Life~ロハス..
次期CR-X登場!! か?
from kawaguchi@mana..
ユーロシビックその後
from Gachael's Plea..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

タグ:ジュネーブ ( 1 ) タグの人気記事

ホンダ、新ハイブリッドスポーツコンセプトを発表

 ホンダのイギリス現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッ ドは、3月6日に開幕したジュネーブモーターショーにおいて、ホンダ・スモール・ハイブリッド・スポーツ・コンセプトを発表した。
f0040885_10232610.jpg


 ホンダ・スモール・ハイブリッド・スポーツ・コンセプトは、ホンダが提案する新世代のハイブリッド車のデザイン・スタディモデル。ハイブリッド技術による高い環境性能と、小型スポーツカーを操る楽しさを高次元で両立することを目指して、ドイツにあるホンダR&DヨーロッパGmbHがデザインを手がけた。

 ホンダ・スモール・ハイブリッド・スポーツ・コンセプトの3サイズは全長4000mm×全幅1760mm×全高1270mm。ホイールベースは2350mmとコンパクトなサイズ。プラットフォームはスモールカークラスの前輪駆動方式をベースとしており、4気筒ガソリンエンジンに小型高効率モーターを組み合わせたホンダIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)の進化型ハイブリッドシステムを搭載し、トランスミッションはCVTを組み合わせる構成とした。

 かつてのCR-Xや、ホンダ初のハイブリッドカーであるインサイトを彷彿とさせながらも、よりスポーツ性を感じさせるデザインを展開。ホンダの関係者曰く「市販の可能性はない」というが、このショーへ出展することによって、メディアを始め一般ユーザーの反応を図ろうとする狙いは明白だ。
[PR]
by ism-individualcar | 2007-03-07 10:25 | NEWS