エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・イズム コンシェルジュ・インディヴィジュアルカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる、個性派カー情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タイプR復活
from kawaguchi@mana..
世界で一番美しいクルマ
from 金沢ちんさんの☆「ランラン日..
欧州仕様 HONDA シ..
from Lohas Life~ロハス..
次期CR-X登場!! か?
from kawaguchi@mana..
ユーロシビックその後
from Gachael's Plea..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

タグ:タイプR ( 3 ) タグの人気記事

伝説のタイプRがシビックで復活

 ホンダは同社のコンパクト・セダンであるシビックに、運動性能を徹底的に研ぎすまし、サーキットを含むあらゆる走行シーンで、人とクルマの一体感ある操るよろこびを追求したピュアスポーツモデル「タイプR」を設定し、3月30日に発売すると発表した。
f0040885_19212268.jpg
f0040885_1921566.jpg
f0040885_19281168.jpg
 シビック・タイプRは225psにまで出力を高めた2.0LのタイプR専用エンジンを搭載し、これに6速マニュアルトランスミッションを組み合わせている。 さらにタイプRならではの手法として、軽量化と高剛性化を徹底して図った。またサスペンションも専用セッティングとした他、専用の18インチタイヤ、専用のブレンボ社製ブレーキも採用している。

f0040885_19223183.jpg
 外装では「ピュアスポーツモノフォルム」をテーマに、空力性能に優れた専用のエアロパーツを採用。またエンジンフードやフロントフェンダーも専用品としている。一方インテリアでは、「サーキットコクピット」をテーマに、専用となるホンダRスペック・シートや専用の3本スポーク小径ステリアリング、アルミ製シフトノブなどを採用している。車両価格は283.5万円(消費税込み)となる。
f0040885_19275637.jpg
 ホンダのタイプRとは、ベース車の運動性能を際立たせ、走る楽しさを徹底追及したレーシングテイストを味わえるスポーツモデルとして、1992年NSXに初めて設定されたクルマ好きの間では伝説のモデル。

 その後タイプRは、1995年にインテグラ、1997年にはシビックにも設定された。さらに2001年にはインテグラに2代目となるタイプRを、2001年にはシビックに2代目タイプRを、2002年にはNSXに2代目タイプRを設定した。

 しかしその後はシビック・タイプR、NSXタイプRが消滅し、2006年のインテグラ生産終了とともにタイプRは完全消滅していた。それだけに今回の3代目シビック・タイプRの登場は、伝説のタイプRの復活ともいえるのである。

 ホンダいわく「次世代のタイプR」と謳う今回のシビック・タイプRだが、手法はこれまでのタイプRと変わらない。タイプRの手法とは、ベース車を徹底的に軽量化・高剛性化し、その上でファイン・チューニングを施したエンジンやサスペンションを搭載。さらに内外装に専用品を与えるという手法である。

 軽量化・高剛性化に関しては今回、1270kgという車両重量と従来のインテグラ・タイプR比でボディ剛性を約50%向上した。そして2.0Lの直列4気筒DOHC・i-VTECエンジンは、量産2.0Lの自然吸気エンジンとしては限界ともいえる225ps/8000rpmを達成。最大トルクは21.9kgm/6100rpmを発生する。

 また組み合わせられる6速マニュアルトランスミッションは、加速性能を重視したクロスレシオを採用する他、高剛性アルミ・トランスミッションケースや、ショートストローク・シフトも盛り込んでいる。

 またサスペンションは当然サーキット走行を見据えた強化タイプとして専用セッティングがなされており、これに225/40R18サイズとなるポテンザRE070専用タイヤと軽量化を図った18インチアルミホイールを組み合わせた。さらにトルク感応型ヘリカルLSDや、耐フェード性に優れた大径ブレーキと17インチのブレンボ社製アルミ製対向4ポッドキャリパーを採用。ABSも専用セッティングとなる。

 なお、このシビック・タイプRの試乗記に関しては、今後掲載を予定しているのでお楽しみに!
[PR]
by ism-individualcar | 2007-03-29 19:35 | NEWS

シビック・タイプR 欧州仕様VS日本仕様

f0040885_2228121.jpg

■先日9月30日のエントリーで、ついに欧州仕様シビック・タイプRが登場! 「これを見て何か感じますか?」と皆様に質問した舌の根も乾かぬウチに、またひとつ質問が増えてしまいました。既にご存じの方もいるかもしれませんが、本日ホンダはF1記者会見において、今週末の2006鈴鹿GPにおいて、シビック・タイプRプロトタイプがオフィシャルカーを務めると発表したのです。で、上の写真が早速届けられたシビック・タイプRプロトタイプ(こちらはおそらく市販版)というわけです。ちなみにkawaguchi@manablogの方には日本仕様の全ての写真あり。
■で、こっちが欧州仕様のタイプR。
f0040885_2328925.jpg


■うううーん、悩ましいですね。ちなみに後ろ姿も載せておきます。これが日本仕様で、
f0040885_035150.jpg


■こっちが欧州仕様。
f0040885_045520.jpg


■とりあえず今日はここまで。ご感想お待ちしております。
[PR]
by ism-individualcar | 2006-10-04 00:07 | ホンダ

ルノー・ルーテシアRS -ルノーのタイプR?!-

■これも前々から書こう書こうと思っていて、思わず書きそびれていたモデル。ルノーがジュネーブショーで発表した新型ルーテシア(本国名はクリオ)のホットモデルRSだ。
f0040885_17335338.jpg

■スペックを簡単に紹介しておくと、 エンジンは2.0Lの直列4気筒で最高出力はなんと197ps! 最大トルクも21.9kgm! これに6速MTを与えるというのだから期待大! そしてサスペンションは当然強化されたものが与えられる他、ブレーキはブレンボ社製を奢っている。ルーテシアはコンパクトなモデルだけに、このスペックはかなり過激なもの。となると当然走りも相当のものに仕上がっているはずだ。

■エクステリア/インテリアではF1譲りの空力パーツであるディフューザーを備える他、数々の専用装備が与えられている。

■日本にはホンダにタイプRと呼ばれる激辛のホットモデル・シリーズが存在するが、差詰めこのRSは、ルノーのタイプRといえるモデル。日本導入が待ち遠しい。

f0040885_1734615.jpg

[PR]
by ism-individualcar | 2006-03-31 17:34 | ルノー